格安SIM選びは通話料の割引サービスも重要

通話料のキホンは30秒20円

格安SIMは大手キャリアと比べて月々の基本料金がとても安くなるのが魅力です。しかし、かけ放題サービスを付けない格安SIMの基本プランでは、通話料が割高になることが多いので注意が必要です。

格安SIMの通話料金は、基本は30秒につき20円という設定になっています。これは10分間で400円ということですので、うっかり長電話をしてしまうとかなり高額な請求がきてしまう可能性もありますので注意が必要です。

また、格安SIMでは月額料金が最小限に抑えられていますので、無料通話がつかないプランの方が多いです。

通話料の割引サービスをつけずに格安SIMを利用するときは、長電話をしないように気を付ける必要があります。

通話料が半額になる格安SIMも多い

基本の通話料設定は30秒20円と高めの設定ですが、多くの格安SIMでは通話料が半額になるサービスを提供しています。

月額オプション料金は無料で、割引のサービスに登録をするか、もしくは発信番号の前に決められた数字をダイヤルするだけで30秒10円になる格安SIMが多いです。

半額になればかなり軽減されますので、あまり電話をしないという人なら安心して利用できるはずです。

そのほかにも、050のIP電話の番号を取得して、固定電話並の通話料で利用できるサービスもあります。

格安SIMの会社を選ぶときは、どんな通話料の割引サービスが利用できるのかをしっかりと調べるようにしましょう。

かけ放題サービスも要チェック

格安SIMの中にも大手キャリアの料金プランに近い「かけ放題」サービスが利用できる会社がありますので、携帯電話料金を節約したいけど通話もよくするという人は要チェックです。

かけ放題サービスの主流は、月額のオプション料金を支払うことで、5分間までの通話がかけ放題になるというものです。

あまり長電話をしない人なら、多くの電話が5分以内で終わると思われますので、かなり通話料が節約できます。一部の格安SIMでは、完全かけ放題のオプションを提供している会社もあります。

長電話もしたいという人は、どんなかけ放題オプションが用意されているかというのも格安SIM選びで重要なポイントになります。