40代以降から出来始める首のイボの対策法と治療法

首のイボの対策法と治療法
肌の老化が進むと、これまではなかった様々な症状に悩まされるようになりますよね。40代や50代の人に多いのが、首周辺に出来る小さなイボのようなものです。

初めて首にイボが出来てしまった時は、悪い病気ではないのかと不安を覚えた人もいるかもしれませんね。

しかし、これも一種の老化現象なので誰にでも起こりうるものですし、早い人だと30代くらいから首にイボが出来始めます。

首に出来るイボは良性の腫瘍なので、命にかかわる重大なものではありません。でも、放置しておいても問題ないとはわかっていても、首周辺の皮膚にたくさん出来たイボは外見上かなり目立つので、コンプレックスに感じる人が多いのです。

首のイボは一体どのような仕組みで増えていくのでしょうか。主な原因は紫外線や摩擦です。

肌が紫外線を浴びて老化を招く活性酸素のダメージを受け続けたり、ネックレスや衣類などを身につける時に生じる摩擦がきっかけで物理的な刺激を受けた結果、首の肌細胞が過剰に増えてしまいます。

増殖した細胞が皮膚の上で盛り上がるようになり、イボが形成されるのです。さらに加齢でターンオーバーの周期が長くなると、古い角質がはがれるまでに時間がかかるのでイボが定着しやすくなります。

イボが出来る原因がわかれば、なるべく増えないように対策することも充分可能です。あまり悲観しないようにしましょう。

まず主な原因である紫外線から首の皮膚を守る為に日焼け止めを塗ったり、活性酸素を除去するために抗酸化作用がある栄養素を意識して摂取していきます。

ビタミンEやビタミンC、アスタキサンチンなどが優れた抗酸化作用を持っています。

外出時はつばの広い帽子などをかぶったり、日傘をさす方法も有効です。ターンオーバーを正常化させて古い角質を排出するために、ヨクイニンを摂取する方法も、40代や50代の方々を中心に流行していますよね。

病院で治療する場合は、液体窒素やレーザーで簡単に取れます。

首イボはクリームで治療出来る!ぽつぽついぼの原因解決【kubiibobuster.net】