なぜ妊活中に葉酸が必要なのか?

妊活には葉酸サプリ
何故妊活中に葉酸が必要なのでしょうか?妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんは神経系の障害を持つリスクが高くなると言われます。

それならば、妊娠がわかってすぐに葉酸サプリメントを飲みはじめたら間に合うのでは?と思うのが本音ではないでしょうか。

だって、葉酸を摂取するということは、自分でサプリメントを購入して定期的に飲まなくてはいけないということです。

葉酸は比較的手に入りやすいサプリメントとも言えますが、毎日欠かさず飲むには費用ももかかるので経済的な不安もあります。

しかし実際は、妊娠がわかってから飲みはじめたのでは遅いという場合も少なくないのです。

女性の場合は、生理が遅れたことによって、妊娠したかも?と感じることが少なくありません。

月経周期が規則的であり、自分で生理の日が予測できる人なら「今月はちょっと遅れている…」と感じ、病院にいって妊娠判定をしてもらうことができます。その時には、妊娠2ヶ月、3ヶ月という場合が多いですね。

しかし月経周期が不規則であるという人も少なくありません。

その場合は、2週間で生理が来ることもあれば、2ヶ月生理が来ないこともあるなど不安定であれば、妊娠にすぐに気が付くことができないのですね。

そうすると、病院に行ったときには、既に妊娠3ヶ月をこしているということも少なくないのです。

そのように人によっては妊娠に気が付くことができず、妊娠初期から葉酸を飲みはじめるというのを逃してしまうことがあるのです。

そういったリスクを避けるために、今では妊娠の計画中、つまり妊活の時から葉酸を飲むことを勧めているのですね。

そうすると自分は全く気が付かないけれど、体の中で妊娠反応が起こっているときから、葉酸成分を赤ちゃんに届けることができるのです。

妊娠初期というのは、自分では全く気が付いていないこともありますが、赤ちゃんの身体を形成するための大切な時期です。

つわりの起こる時期より前であれば、まったく妊娠したことに気が付かないこともあるのです。

そんな時に少しでも赤ちゃんを迎えるためにできること。それが妊活中から葉酸を摂取して、いつでも妊娠OK!という状態を作っておくといいのです。

妊娠するために体調を整えておくことは大切ですが、その一つとして葉酸を定期的に摂取しておくことを心掛けましょう。

食事からだけの摂取ではどうしても不足してしまう葉酸ですから、サプリメントで効率よく摂取することがおすすめです。